バイリンガルの育て方ブログ

バイリンガルの育て方ブログです。バイリンガルはご家庭でのママさん・パパさんの英語語りかけが大切です。英語語りかけクラスを実践しています。

バイリンガルの育て方ブログ 英語が口から出てくる

こんにちは。

英語と日本語でバイリンガル子育てをしている1児のパパのMichiです。

 

このバイリンガルの育て方ブログでは、英語と日本語バイリンガルの子育て・育児について、大切だと思うことを記事にしていきます。我が子をバイリンガル(英語と日本語)にしたいと思うママさん・パパさんに読んで頂きたく思います。

 

前回の記事はこちら↓

インターナショナルスクール保育園に入ってからの子供の変化!

michibabykidsenglish.hatenablog.com

 

 インターナショナルスクールの保育園に通い始めました!

michibabykidsenglish.hatenablog.com

 

michibabykidsenglish.hatenablog.com

 

michibabykidsenglish.hatenablog.com

 
3歳児:英語が口から出始める

 

 まず、親としての第一声ですが・・・

 

”やっぱり英語を話す環境”なのですね。

 

大事なのは 聞く環境ではなく、話す環境です!

 

 

インターナショナルスクールの保育園に通ってから1ヶ月ですが、いままであまり口から出てこなかった英語が口からポンポンでるようになりました。

 

 

私の実体験ですが、お家でパパやママが英語で話しかけるだけでは、話せるようにならないという事が分かります。

 

我が家のパパ(私)と妻がガンガン英語でコミュケーションを取っていれば、話は別です。ですので、国際結婚をされているご夫婦のお子様は、両親の言葉は全て話す環境にあると言えます。つまり、話せるようになるでしょう(^^)/

 

私の子供が1歳から2歳児まで過ごした保育園は、英語ネイティブの保育士(イギリス・ペルー・アメリカ)の先生らがたくさんいた時期がありました。わずか3ヶ月ぐらいの限定期間でした。

 

その複数名の英語ネイティブ先生が同時期にいた時代が、我が子は一番英語を吸収して、英語が口から出ておりました。

 

しかしながら、その後人事異動等で英語ネイティブの先生は一人になりました。

その時以降、明らかに英語に対する興味や口から英語が出なくなったことを覚えています。

 

このことは、英語教材だけでは英語を話せるようになることは難しいことを示していると思います。そのエイゴ教材はあくまで聞く力をつけるためのものであり、また話すことで聞く力が一層伸びていくでしょう。

 

やっぱり・・・

 

英語を話す環境”なのですね。

 

 

現在、2021年5月2日ですが(この記事を書いている日時です)、インターナショナルスクールの保育園に通い始めて、4週間ぐらいが過ぎています。

 

今は家でも子供が自ら進んで、本棚から英語の絵本をとって、

読んでほしい(以前は、日本語で読んで!って強くリクエストがありました・・・)

と言ってくれます↓

バイリンガル育児 英語の絵本

バイリンガル育児 英語の絵本

両サイドにある英語絵本がお気に入りです。

真ん中にある英語の本は、動詞kや形容詞などを絵で楽しむ絵本です。これからの絵本も、今後紹介いたしますね(^^)/ バイリンガル育児をされている方、考えている方の参考になればと思っております。

 

 

さて、インターナショナルスクール保育園の環境になり、本人の英語に対する興味が深まり、その必要性も理解しだしているようです。

パパが英語の絵本を読むと、何度も「もう一回」「もう一回」と言ってきます。

 

しばらく読んでいると、だんだんと全てのやり取りを英語でしてみます。

すると、全部英語で返そうといろいろ言ってくれます。

 

「one more」

「I want ~」

「Close」

「Pig」

「Papa is ~」

「opposite」

「Ryuchan want(s)~」

 

などなどだんだん英語で自然と口から出るようになってきています。

子供のやりたい事などを察知して、その行動を英語で言ってあげます。

 

 

インターナショナルスクールの保育園で、多くの英語保育士の先生たちから、同じようなことを話しかけてもらっているはずです。

 

そして年上の園児が英語を話しているのを聞いているし、先生同士も全部英語で話していることを、この1ヶ月体験し、見聞きしたはずです。

 

↑英語を話すようになるためには、上記の環境を用意してあげることに尽きると思います! これをご自宅で出来る場合は、なにも準備は不要です。

 

一般的なお話になりますが、多くの日本人のご夫婦のご家庭が、上記の条件をご夫婦だけでクリアーするのは大変厳しいでしょうね・・・

 

2歳までの保育園でも英語を聞いたり、英語で絵本を読んでもらったり、英語で話しかけられたりすることで、英語を理解することが出来るようになっています!

 

3歳からのインターナショナルスクールの保育園に通いだしてからは、英語を話している人同士だらけの環境に身を置いています。英語でやり取りしている人間の数が圧倒的に増えました。

 

例えば・・・

  • 登園するとき、
  • お昼寝する時、
  • 工作をするとき、
  • ご飯を食べるとき、
  • 外で遊ぶ時、
  • 知育をするとき(この時は日本語か)
  • ダンスをするとき、
  • バレエをするとき、
  • 友達と遊ぶ時、
  • 英語を先生から学ぶ時、

 

バイリンガル育児 インターナショナルスクールの保育園

バイリンガル育児 

全てが英語でやり取りする環境で、我が子自身もその環境に身を置いているので、

英語を発する必要性を本人も理解したようです。

 

インターナショナルスクールの保育園に通う前の2年間下準備があったので、我が子は英語は理解できる状態でした。

 

そのためか、英語環境への拒否反応などは一切なかったです。

この点は嬉しかったです!

 

今後は、どんどん英語が口から出てきて、もっともっと成長を見せてくれるでしょうね(^^)/

 

この記事を書いているのは、2021/5/2です。G/W中です。

 

G/W明けにまたインターナショナルスクールでの生活がスタートします。

 

きっとまた泣くところから開始だと思いますが・・・( ;∀;)、

子供の成長を見守りながらこの記事を続けていきたいと思います。

 

皆様も楽しい時間をお過ごしください。
 

 

バイリンガル育児のワンポイント】

英語の絵本ですが、日本語でも理解してもらうと、英語で何を言っているか理解しやすくなると思い、同じ絵本でも、英語で読む日と日本語で読む日を分けています。

 

さて、土日は一日中パパとママと一緒に遊んでいるので、月曜日はリセットされるとは言いませんが、ちょっと寂しくなってしまうようです。でも、だんだんと泣かなくなってきています。泣いても、程度は小さめです。

 

どんどん成長している我が子を見ながら、毎日が楽しくて仕方がありません(^^)/

 

 インターナショナルスクールの保育園での子供の過ごし方や様子を記事にしていきたいと思います。

 

引き続き、ご愛読よろしくお願いいたします(^^)/

 

 

<子供の寝かしつけ♪>

お子様がまだ小さいうちは、パパさんも可能であれば、寝かしつけをしてみてください。パパ大好きっ子になってくれると思います。

おやすみミュージックもありますので、是非活用ください。(1歳のころは、この音楽をかけると、赤ちゃんはすーっと寝てくれました(^^♪)


Baby sleep music "the song of the Cradle music box orgoel" 赤ちゃんが眠る ゆりかごの歌 オルゴール

 

 

私は、子供が1歳の時に読んでいた絵本を日本語とEnglishバージョンでYoutubeにアップしてみました!

日本語版


おつきさまこんばんは 読み聞かせ Japanse Story telling, Japanese hearing and speaking practice

 

英語版


Japanse Story telling Good Evening Dear Moon おつきさまこんばんは 英語版 読み聞かせ

 

英語絵本の読み聞かせに活用していただけたら、とても嬉しいです。

 

最近「モンテッソーリ教育」に関する書籍を購入して読んでいるのですが、とても良いことが書かれていました。

【Amazon.co.jp 限定】【特別動画付き】モンテッソーリ教育・レッジョ・エミリア教育を知り尽くしたオックスフォード児童発達学博士が語る自分でできる子に育つ ほめ方 叱り方 特別動画付き

 

子供と一緒に英語で歌を歌っています!
michibabykidsenglish.hatenablog.com

 

子供の成長を助ける親の務め・接し方

2歳児って、やっぱり「魔の2歳児」とは言われるだけあって、すごいですよね!

いらずらがすごいです!このいたずらは成長のあかしです!

 

親の言っている事とわざと逆を言ってみて、親の反応をみている!

そんな行動をしてくれます!

とっても大変なこともありますが、とっても愛おしいです。

 

私は、バイリンガル育児に関心があり、バイリンガル育児をしておりますが、まずは子供がのびのび遊んでくれることを第一に考えています!

 

モンテッソーリの書籍には、子供は4歳ぐらいから”我慢”することができるようになるものと書いてありました。

なので、2歳8ヶ月の赤ちゃんに「ダメ!」と言っても、やめませんし、やめられません。

 

そりゃそうですよね。「ダメ!」と言った場合、むしろマイナスな影響の方が強く出ると私は感じています。

 

危険なことをするとき、あぶなかっしい時、つい「ダメ!」と言っておりました!

 

その度に、赤ちゃんが悲しそう顔をして、「もう、いい!!」みたいな事を言うのですよね。

 

モンテッソーリの本を読む前から、自分の「ダメ!って言いたくないけど、言ってしまう自分」に対して、もどかしさを感じていました。

 

最近は、「ダメ!」ではなくて、別の言い方や、面白おかしくする状況を作りだせるようになってきました。その結果、子供の反応は、驚くべきプラスの影響を受けているようで、前よりも明らかに良い状況になっていると思います。きっと良い成長を促していると思います!

 

子供の成長は、親の接し方で大きく変わりうると感じています!

 

バイリンガル育児をしながら、日々の子供との接し方やコミュニケーションの在り方を、この記事で残せたらと思います。

 

将来我が子が自分の子供を育ている際に、パパの書いているこの記事を読んで参考にしてもらえたらとっても嬉しいです。

 

もちろん、バイリンガル育児をされている皆さんの手助けになればと思い書かせていただいております。

 

バイリンガル育児をしながら、日々の子供との接し方やコミュニケーションの在り方を、この記事で残せたらと思います。

 

将来我が子が自分の子供を育ている際に、パパの書いているこの記事を読んで参考にしてもらえたらとっても嬉しいです。

 

今回は、「日本語の学校に進むと英語を話す機会は激減?」ついて記事にしました!

 

バイリンガル育児に興味のある方は、是非次回の記事も読んでくださいね(^^)/ 

 

 

私の思うバイリンガル育児の重要ポイントについて、講座でも詳しくお話させていただいております↓

英語語りかけクラスに参加してみませんか?

michibabykidsenglish.hatenablog.com

 

バイリンガルの育て方、また読んでくださいね。ご愛読ありがとうございます(^^)/

 

英語は英語で、日本語は日本語でマスタ―するべきです。

これからも息子の成長を見守っていきます↓

michibabykidsenglish.hatenablog.com

 

私がするべきことは、バイリンガルの環境を与えて、見守っていきます。

何事も赤ちゃんや幼児が楽しいと思えるようにしてあげるように努力することなのです。

 

幼児期に大切なのは、楽しいと感じて笑う事なのです↓

michibabykidsenglish.hatenablog.com

 

 

バイリンガルの育て方のご相談について

お子様をバイリンガルに育てたいというママさん・パパさん、バイリンガルの育て方について、お悩みやご相談がございましたらご連絡ください。アドバイスさせていただきます。

 

お気軽にお問い合わせください⇒バイリンガルの育て方 お問い合わせ

 

関連記事

 バイリンガル育児のブログ←おススメ記事(^^♪

www.kodomoeikaiwa.net

 

外国人向けの日本語学習動画

日本語を学びたいという大人の外国人向けにYoutube動画を作成しています。

ブログの著者である私が、優しい英語で日本語を解説している動画です。

 

外国人のみならず、きっと、英語を学びたい方にも有効な動画だと思います。

Youtubeで無料ですので、活用してみてください(^^)/


Japanese lesson, Japanese grammar, Japanese kanji, Michi Channel for all Japanese learners 1-5

 

 


Japanese grammar, Japanese kanji, Japanese language Michi Channel for Japanese learners 1- 6